修斗とは?

修斗の基本理念

佐山聡先生「打て」という“打”ではなく「投げろ」という“投”ではなく「極めろ」という“極”ではないまた単に打・投・極を総合的に闘えばいいというものでもない。自然の流れにのった技術がとぎれなく連係し、なめらかに回転することが修斗の姿である。

そして闘いを修めていく修斗の思想が、競技者を人格的に正しく導く。

それこそが修斗の理念である。礼に始まり、礼に終わる。礼こそ修斗の基本姿勢であり、自然に発せられることが、修斗体得への第一歩である。

 

 

修斗創始者・佐山聡
写真提供:ゴング格闘技

 

修斗の現在

修斗は1984年、佐山聡によって創始された日本生まれの総合格闘競技です。
競技はアマチュアとプロに別れ、アマチュアは1986年から、プロは1989年からそれぞれスタートしています。
世にあまたある総合格闘技団体や興行組織と、修斗が大きく性格を異にしているのは競技団体としての性格を強く指向していることが挙げられます。
明文化されたルール。
オープンフィンガーグローブなど独自の試合用具の開発。
厳格なレフェリング。
アマチュアの選手登録制度とプロのライセンス制度。
血液検査や眼底検査などの医事チェック。
アマチュアからプロへ繋がる選手育成システム。
このような修斗が創造した運営システムは、他団体にも強く影響を与え、MMA(=総合格闘技) におけるワールドスタンダードとなっています。
競技の根幹となっているアマチュアは北海道から沖縄まで全国各地で開催され、全日本アマチュア修斗選手権大会とこれの選抜トーナメントとして全国9ブロック(北海道・東北・関東・東海・北信越・関西・中国・四国・九州)にて地区選手権大会が開催されています。
これらのアマチュア大会で実績を上げた選手は、毎年50人前後がプロに昇格。
プロ興行も東京を中心に全国各地で開催されています。
また日本国内に限らず世界各国への普及も進んでおり、オーストラリア、アメリカ、オランダ、ブラジル、リトアニア、カナダ、デンマーク、スイス、フィンランド、韓国など、20以上の国と地域で公式戦が実施されています。

Leave a Comment

*