2017年 11月度世界ランキング
[選定]プロフェッショナル修斗ランキング委員会(11月1日付け/2017年10月31日までの実績で選定)

▽ストロー級[-115ポンド(-52.2kg)]
C(3)猿田洋祐(日本/和術慧舟會HEARTS)
1(2)猿丸ジュンジ(日本/シューティングジム横浜)
2(4)村田一着(日本/NEW GROUND)
3(1)澤田龍人(日本/AACC)
4(5)飛鳥拳(日本/パラエストラ松戸)
5(6)ニシダ☆ショー(日本/総合格闘技道場BURST)
6(9)箕輪ひろば(日本/総合格闘技道場STF)
7(7)木内崇雅(日本/和術慧舟會GODS)
8(8)マッチョ“ザ”バタフライ(日本/総合格闘技道場コブラ会)
《解説》
・澤田に勝利した猿田が、第7代世界ストロー級チャンピオンに。
・王座挑戦に失敗した澤田をランクダウン。
・ふじいに勝利した箕輪をランクアップ。
・試合出場のないランバーをランク外へ。
・上記に伴いランキングが変動。


▽フライ級[-125ポンド(-56.7kg)]
C(C)扇久保博正(日本/パラエストラ松戸)
1(2)覇彌斗(日本/総合格闘技道場BURST)
2(3)前田吉朗(日本/パンクラス大阪稲垣組)
3(1)オニボウズ(日本/総合格闘技ゴンズジム)
4(4)田丸匠(日本/NASCER DO SOL)
5(-)ライリー・ドゥトロ(I&I TRAINING CENTER)
6(5)清水清隆(日本/TRIBE TOKYO M.M.A)
7(6)井上学(日本/UWFスネークピットジャパン)
8(7)征矢貴(日本/パラエストラ松戸)
9(8)福田龍彌(京都/MIBURO)
10(9)萩原幸太郎(日本/パラエストラ八王子)
《解説》
・扇久保が王座防衛に成功。
・王座挑戦に失敗したオニボウズをランクダウン。
・中村に勝利したライリーをランクイン。
・六本木に勝利した覇彌斗をランクアップ。
・上記に伴いランキングが変動。


▽バンタム級[-135ポンド(-61.2kg)]
C(1)佐藤将光(日本/坂口道場一族)
1(3)魚井フルスイング(日本/和術慧舟會HEARTS)
2(4)トリスタン・グリムズリー(アメリカ/TFS)
3(6)祖根寿麻(日本/ZOOMER)
4(2)石橋佳大(日本/Duroジム)
5(-)論田愛空隆(心技舘)
6(5)岡田遼(日本/パラエストラ千葉)
7(7)竹中大地(日本/パラエストラ和泉)
8(8)土屋大喜(日本/roots)
9(9)小蒼卓也(日本/スカーフィスト)
10(10)金物屋の秀(日本/SHOOTOGYM K’zFACTORY)
《解説》
・石橋に勝利した佐藤が第10代世界バンタム級チャンピオンに。
・王座挑戦に失敗した石橋をランクダウン。
・奇天烈に勝利した祖根をランクアップ。
・魚井と引き分けた論田をランクイン。
・上記に伴いランキングが変動。


▽フェザー級[-145ポンド(-65.8kg)]
C(C)齋藤裕(日本/パラエストラ小岩)
1(1)高橋遼伍(日本/KRAZY BEE)
2(2)マイク・グランディ(イギリス/TEAM KAOBON)
3(3)TOMA(日本/直心会TK68)
4(4)宇野薫(日本/UNO DOJO)
5(6)仲山貴志(総合格闘技津田沼道場)
6(5)青井人(日本/BLOWS)
7(7)内藤太尊(日本/roots)
8(8)摩嶋一整(日本/毛利道場)
9(9)山本健斗デリカット(日本/総合格闘技道場コブラ会)
10(10)高野明(日本/BLOWS)
《解説》
・高橋に敗れた青井をランクダウン。
・上記に伴いランキングが変動。


▽ライト級[-155ポンド(-70.3kg)]
C(C)松本光史(日本/MASTER JAPAN)
1(1)川名雄生(日本/Y&K MMA ACADEMY)
2(2)AB(日本/和術慧舟會駿河道場)
3(3)小谷直之(日本/ロデオスタイル)
4(5)福本よう一(日本/頂柔術・NATURAL9)
5(4)大尊伸光(日本/総合格闘技津田沼道場)
6(8)岡野裕城(日本/マッハ道場)
7(6)ホニス・トーヘス(ブラジル/ノヴァウニオン)
8(7)長田拓也(日本/BLOWS)
9(9)冨樫健一郎(日本/パラエストラ広島)
10(10)ウエタユウ(日本/MIBURO)
《解説》
・鈴木に勝利した岡野をランクアップ。
・松本に敗れた大尊をランクダウン。
・上記に伴いランキングが変動。


▽ウェルター級[-165ポンド(-77.1kg)]
C(C)エルナニ・ペルペトゥオ(ブラジル/ノヴァウニオン)
1(1)村山暁洋(日本/GUTSMAN)
2(2)佐藤洋一郎(日本/マカコ柔術アカデミー)
3(3)トミー・デブレット(ベルギー/ゴールデングローリー)
4(4)田村ヒビキ(日本/カルペディエム福岡)
5(5)ホアン・カルネイロ(ブラジル/ATT)
6(6)ルイス・ハモス(ブラジル/ノヴァウニオン)
7(7)エマヌエル・シウバ(ブラジル/ファイト・スポルト)
8(8)イゴール・チャツビーナ(ブラジル/ミノタウロチーム)
9(9)アミルカール・アウベス(ブラジル/ノヴァウニオン)
《解説》
・変動なし。


▽ミドル級[-185ポンド(-83.9kg)]
C(C)シアー・バハドゥルザダ(オランダ/ゴールデングローリー)
1(1)サウリ・ヘイリモ(フィンランド/チーム・スカンジナビア)
2(2)アンドレ・チャツバ(ブラジル/ミノタウロチーム)
3(3)カルロスア・レッシャンドリ・ペレイラ(ブラジル/ドラゴンファイトチーム)
4(4)ペトラス・マルケヴィチス(リトアニア/アウドラジム)
5(5)レアンドロ・シウバ(ブラジル/ノヴァウニオン)
6(6)グラズヴィダス・スマイリス(リトアニア/ローニナス・リトアニア・ブシドーチーム)
7(7)ナータン・スハウトラン(オランダ/VC・デ・フルート)
8(8)ローランダス・アグラバ(リトアニア)
9(9)ミッケル・グルドベーグ(デンマーク/タラレック)
10(10)バスティアーン・レーヘン(オランダ/タツジン・ドージョー)
《解説》
・変動なし。