2020年度JSAライセンス申請規約

>>>プロライセンスの段階的なオンライン申請の導入について

プロモーター
プロフェッショナル公式戦を開催することが出来る/セコンドライセンスを兼ねる
日本修斗協会理事で、試合に必要な設備や報酬を用意出来、修斗に関わる実績と信用、理解を有する者。

マネージャー
選手に代わり、交渉や提訴など一切のことを仕切ることが出来る/セコンドライセンスを兼ねる
選手の利益を守り、選手に代わることが出来るだけの責任能力を有する者。

クラス A 選手
2 回戦、3 回戦、5 回戦の試合に出場出来る/セコンドライセンスを兼ねる
クラス B での実績や、それに準ずる実績を有し、血液検査、眼底検査に合格した者。

クラス B 選手
2 回戦、3 回戦の試合に出場出来る/セコンドライセンスを兼ねる
クラス C での実績や、それに準ずる実績を有し、血液検査、眼底検査に合格した者。

クラス C 選手
2 回戦の試合に限り出場出来る/セコンドライセンスを兼ねる
プロフェッショナルとしての技術や体力を有し、血液検査、眼底検査に合格した者。

限定選手
一度に限り 2 回戦、3 回戦の試合に出場出来る
クラス C またはクラス B に準ずる技術や体力を有し、血液検査、眼底検査に合格した者。

※申請する選手の方で自身のクラスが不明の場合は下記のアドレスまで電子メールにて問い合わせください。
修斗ライセンス受付 shooto.licence■gmail.com(■を@に置き換えます)

2020年度JSAライセンス申請規約

■ライセンス保持選手規約
・修斗以外の打撃をともなう格闘技の試合に出場する際は選手本人またはマネージャーが
必ず電子メールにてコミッションに報告すること。出場が決まった一週間以内に報告することが望ましい。
事情なき未報告は処分の対象となる。また、メール以外の報告は認められない。
・ライセンスの有効期限は新規申請と更新申請共に一年間とする。
また、最後に公式戦を行った年の翌年から三年間以上更新しなかった場合、
新規申請の扱いとなり改めて当コミッションによる審議を通過しなければならない。

■オンライン申請
本オンラインフォームの項目に記載された事項に虚偽や誤りは無く、また一般社団法人日本修斗協会、並びにインターナショナル修斗コミッションが規定する規約・規則を遵守する事を誓約すると共に、本年度の資格を得るため、上記の通り許可申請をいたします。また、記載内容に関して虚偽の申告をしたことが判明した場合や、私および私の所属するクラブは、以下の 1 の各号のいずれかに該当し、もしくは 2 の各号のいずれかに該当する行為をし、または 1 に基づく表明・確約に関して虚偽の申告をしたことが判明した場合には、貴協会ライセンス交付の拒絶もしくはライセンスの停止または剥奪の取り扱いを受けても異議を申しません。また、これにより損害が生じた場合でも、一切自己の責任といたします。

■反社会的勢力ではないことの誓約
1 私は、現在、次の各号のいずれにも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを確約いたします。
(1) 暴力団  (2) 暴力団員  (3) 暴力団準構成員 (4) 暴力団関係企業(5) 総会屋等、社会運動等標ぼうゴロまたは特殊知能暴力集団等(6) 次のいずれかに該当する関係にある者
ア 前各号に掲げる者が経営を支配していると認められること
イ 前各号に掲げる者が経営に実質的に関与していると認められること
ウ 前各号に掲げる者を利用したと認められること
エ 前各号に掲げる者に資金等を提供し、または便宜を供与するなどの関与をしていると認められること
オ その他前各号に掲げる者と役員または経営に実質的に関与している者が、社会的に非難されるべき関係にあると認められること
2 自らまたは第三者を利用して次の各号に該当する行為を行わないことを確約いたします。
(1) 暴力的な要求行為
(2) 法的な責任を超えた不当な要求行為
(3) 取引に関して、脅迫的な言動をし、または暴力を用いる行為
(4) 風説を流布し、偽計を用いまたは威力を用いて貴協会の信用を棄損し、
または貴協会の業務を妨害する行為
(5) その他前各号に準ずる行為

上記項目について内容を理解し同意した上で下記リンク先にお進み下さい。

>>>JSAライセンス申請フォーム

SPONSORS