2016年度より新人王出場規約改正

2016年度より「世界で勝てるシューター」の育成を目指し、より高いレベルでの新人王戦を実施すべく以下の通り規約改正します。
大きな改正点は、初戦での出場が出来なくなったことです。実力を発揮することが難しいデビュー戦で新人王戦を闘うことを避けるため、すでにプロデビューを果たしている選手が対象となります。
このため、来年は2015度新人王にエントリーせずに1〜2戦を経て、2016年度の新人王にエントリーするという選択もあります。

[大会名]2016年度新人王決定トーナメント
[開催期日]2016年1月~2016年12月
[主催](一社)日本修斗協会 新人王トーナメント実行委員会



[トーナメント規定]

1)2015年12月31日時点で出場規定に当てはまる日本在住のクラスC選手を対象とする。

2)参加人数が4名未満の階級はトーナメント不成立とする。

3)正当な理由無く棄権および欠場した場合は、プロ選手資格停止処分とする。負傷、病気など健康上の理由による欠場の場合は、実行委員会に診断書を提出するものとする。健康上の理由以外での棄権および欠場は、その理由を実行委員会宛に文書で提出し、その理由が正当であると認められる必要がある。なお、所属が同ジムおよび同系列であること、指導者もしくはマネージャーが同一であること、練習場所が同じであることなどの理由は正当とは認めない。

4)トーナメントの試合実施に期限を設け、規定の期間内に出場できない場合は、いかなる理由であれ棄権扱いとする。


[出場規定]

1)過去に新人王トーナメントで試合をしていない選手。(エントリー後、正当な理由による1回戦棄権で新人王戦を闘っていない選手もこれに含む)

2)日本修斗協会プロ修斗コミッションより2015年度クラスC選手ライセンスの交付が認められている選手。

3)2014年1月以降にプロデビューしている選手。

4)エントリーの時点でプロ公式戦戦績が以下に当てはまる選手。

  1戦1勝
  2戦2勝
  2戦2分
  2戦2敗
  2戦1勝1分
  2戦1勝1敗