ルール改正付帯事項

4月1日より改正となります、リング使用時におけるコーナーやロープを押す、および蹴る行為は、手のひら、足の裏による行為のみ認め、これまで通り腕部や脚部での行為は反則となります。
また、足の裏で押す、蹴る行為は、その際に身体の一部分がフロアに継続的に接している必要ありますが、手のひらによる場合はこの限りではありません。