9月22日 全日本選手権大会の結果によるプロ昇格者 (1)

9月22日に行われた全日本選手権大会の結果と過去の実績を考慮し、以下の選手をプロ昇格と認めます。
なお、プロ昇格者はこれで全てではなく、引き続き戦績、入賞歴、試合内容などについて審議を行い、昇格者の選定を行っていきます。
※昇格の基準に関しては、試合内容と過去の実績、対戦相手の質も考慮するため、例え全日本選手権大会で1回戦負けやKO、一本負けの選手であっても昇格となる場合があります。

◎フライ級
小巻洋平(総合格闘技道場reliable)
中園将生(赤崎道場A-SPIRIT)

◎バンタム級
岡本 瞬(9’s MMA)
鈴木勇介(TURNING POINT)

◎フェザー級
一條貴洋(ブレイブハート)
別所竜弥(アンドレイオス)
椙田将弘(セコンドアウト)
若林康浩(SAI-GYM)

◎ライト級
松崎紀彦(有永道場Team Resolve)
緒方史朗(パラエストラ松戸)
神田光司(ブレイブハート)
星野 豊(SAI-GYM)

◎ウェルター級
飯田建夫(マルスジム)
佐須啓祐(MASTER JAPAN)
田原樹也(PUREBRED鳥取)
宋 野(総合格闘技道場コブラ会)

◎ミドル級
田口泰地(roots)
間宮晃仁(マルスジム)
真野桐郎(パラエストラ小岩)
脇本恭平(Team ツチヤマン)

◎ライトヘビー級
久保昌弘(帯広レスリングクラブ)