7月2日 アマ修斗(一般)東北選手権 大会レポート

[大会名]第11回東北アマチュア修斗選手権大会
[主 催](一社)日本修斗協会東北選手権実行委員会
[日 程]2017年7月2日(日)
[会 場]フィットネスジムDNA内格闘技エリア

フライ級は、12名が出場。
佐野と2連覇を狙う佐々木の決勝。先に打撃で詰め寄る佐野に対し、佐々木は連打で応戦。佐野がダウン気味に崩れると佐々木はトップをキープ。必死にタックルに持ち込み立とうとする佐野だったが、ここで佐々木は飛びついてフロントチョークへ。ガッチリと極まりタップアウト。佐々木が2連覇となった。

■フライ級(56.7kg以下)12名参加
優 勝:佐々木駿友(ブライトネス門馬道場)東北地区枠獲得
準優勝:佐野椋將(秋本道場junglejunction)
第三位:廣瀬大介(総合格闘技ジムBATTLE)
第三位:髙橋一輝(UNDERGROUND)

バンタム級は、辻村と奥平の決勝。1Rトップをキップし優勢に進めていた奥平だったが、2R、辻村が鮮やかな腕十字で逆転。全日本の切符を手にした。

■バンタム級(61.2kg以下)3名参加
優 勝:辻村秀綱(スカーフィスト)東北地区枠獲得
準優勝:奥平季之(クロウ・フォレスト)

フェザー級。山浦と津田の決勝。
準決勝を強烈なインパクトの足関節で一本勝ちした津田。これを警戒していた山浦だったが、次から次へと繰り出される津田の足関節に最後は内ヒールで勝負あり。津田が2試合を一本勝ちで優勝。

■フェザー級(65.8kg以下)7名参加
優 勝:津田麗茉(ブレイブハート)東北地区枠獲得
準優勝:山浦雄土(UNDERGROUND)
第三位:山谷貴史(T-Pleasure)
第三位:佐藤裕介(SAI-GYM)

ライト級は、初出場で勝ち上がってきた笹森が柔道仕込みの寝技でトップキープを重ね熊倉を完封し優勝。

■ライト級(70.3kg以下)5名参加
優 勝:笹森秀也(FCY’s)東北地区枠獲得
準優勝:熊倉大樹(UNDERGROUND)

ウェルター級は大ベテラン傳と1回戦を8秒でハイキックからのTKO勝ちした工藤の対戦。1R、ローとミドルで優勢に進めた工藤は2Rも同様にロー、ミドルで組み立てていき最後はテイクダウンでトップをキープしたところでタイムアップ。工藤の優勝となった!

■ウェルター級(77.1kg以下)4名参加
優 勝:工藤 尚(T-Pleasure)東北地区枠獲得
準優勝:傳 政春(サイトー會舘)

文責:佐藤豪