7月23日『コンプライアンス対策強化講習』実施報告

7月23日『コンプライアンス対策強化講習』実施報告

平成29年6月30日にISCライセンス取得プロ選手が起こした傷害事件について事態を重く受け止めた当協会では
再発防止のための取り組みとして都内のオフィシャルジムを中心に参加者を募り講習を実施しました。

『コンプライアンス対策強化講習』と題した講習では
様々な経験をお持ちになり警視庁の最前線でご活躍なさった元警視庁警視正、対中史朗様をお招きして
「格闘技におけるコンプライアンスと危機管理」に関する様々な事例を交え、どのような事に気をつけ
指導をすべきかを御教示頂きました。
質疑応答の時間では各ジム代表者からも積極的に質問が飛び交い、今回の問題について関心の高さを感じるものでした。

ご多忙のところ、貴重な時間を今回の講習にお越しいただいた対中様には感謝の念に堪えません。
今回の講習を通じて、今後のプロ、アマ選手への指導に活かして頂き30年を越える歴史を持つ修斗を
我々の手でより良い競技、そしてジム、道場としての指導システムの確立に向けご活用頂ければ幸いです。

2017年7月23日(一社)日本修斗協会