2017年度 全日本選手権大会の結果によるプロ昇格(女子選手)

2017年9月23日に行われた全日本選手権大会の結果と過去の実績等を考慮し、
以下の選手をプロ昇格と認めます。

なお、プロ昇格者はこれで全てではなく、引き続き戦績、入賞歴、試合内容などについて審議を行い、
昇格者の選定を行っていきます。

※昇格の基準に関しては、試合内容と過去の実績、対戦相手の質も考慮するため、
例え全日本選手権大会で1回戦負けやKO、一本負けの選手であっても昇格となる場合があります。

また、認定された選手はプロッフェッショナル修斗コミッション(PSC/ISC)へのライセンス申請を行わない限り
プロッフェショナル修斗公式戦への出場は認められませんが、引き続きアマチュア修斗公式戦への出場は認められます。

■女子アトム級 47.6kg以下(-105lb)
原田 佳来(赤崎道場A-SPIRIT)

■女子ストロー級 52.2kg以下(-115lb)
青野 ひかる(ストライプル新百合ケ丘)

■女子フライ級 56.7kg以下(-125lb)
優 勝:佐藤 ひかり(ピロクテテス新潟)

■女子フェザー級 65.8kg以下(-145lb)
優 勝:東 陽子(MMA KING GYM KOBE)