2021年 1月度環太平洋ランキング

2021年 1月度環太平洋ランキング
[選定]プロフェッショナル修斗ランキング委員会(1月1日付け/202年1月31日までの実績で選定)

▽バンタム級[-135ポンド(-61.2kg)]
C(C)安藤達也(日本/無所属)
1(1)大塚隆史(日本/T-GRIP TOKYO)
2(3)田丸匠(日本/NASCER DO SOL)
3(2)倉本一真(日本/修斗GYM東京)
4(4)佐藤将光(日本/坂口道場一族)
5(5)根津優太(日本/&MOSH)
6(6)手塚基伸(日本/総合格闘技道場コブラ会)
7(4)藤井伸樹(日本/ALLIANCE)
8(8)魚井フルスイング(日本/和術慧舟會HEARTS)
9(9)石井逸人(TRIBE TOKYO M.M.A.)
10(10)小野島恒太(日本/Combat Workout Diamonds)
《解説》
・ダイキに勝利した田丸をランクアップ。
・上記にともないランキングが変動。

▽フェザー級[-145ポンド(-65.8kg)]
C(C)SASUKE(日本/マスタージャパン)
1(1)TOMA(日本/直心会TK68)
2(8)工藤諒司(日本/TRIBE TOKYO M.M.A)
3(2)山本健斗デリカット(日本/総合格闘技道場コブラ会)
4(4)仲山貴志(日本/総合格闘技津田沼道場)
5(5)内藤太尊(日本/roots)
6(3)リオン武(日本/ライジングサン)
7(6)青井人(日本/BLOWS)
8(7)高橋孝徳(日本/和術慧舟會AKZA)
9(9)阪本洋平(日本/T-BLOOD)
10(10)高橋遼伍(日本/KRAZY BEE)
《解説》
・山本に勝利した工藤がランクアップ。
・試合出場のないリオンをランクダウン。
・上記にともないランキングが変動。

▽ライト級[-155ポンド(-70.3kg)
C(2)キャプテン☆アフリカ(日本/総合格闘技道場コブラ会)
1(4)大尊伸光(日本/野田ボディビル同好会)
2(3)小谷直之(日本/ロデオスタイル)
3(1)田中有(日本/リライアブル)
4(9)長田拓也(日本/BLOWS)
5(5)松本光史(日本/MASTER JAPAN)
6(6)AB(日本/和術慧舟會駿河道場)
7(7)福本よう一(日本/頂柔術・NATURAL9)
8(8)岡野裕城(日本/マッハ道場)
《解説》
・田中に勝利したCアフリカが第10代環太平洋ライト級王者に。
・Cアフリカに破れた田中をランクダウン。
・飯田に勝利した長田がランクアップ。
・上記にともないランキングが変動。

▽ウェルター級[-165ポンド(-77.1kg)]
C(C)ソーキ(日本/NASCER DO SOL)
1(1)田村ヒビキ(日本/カルペディエム福岡)
2(2)勇星(日本/ピロクテテス新潟)
3(3)北田有(日本/和術慧舟會富山支部SPO)
4(4)村山暁洋(日本/GUTSMAN)
5(5)佐藤洋一郎(日本/マカコ柔術アカデミー)
《解説》
・変動なし。

SPONSORS